アーカイブ

自動車整備士の年収を上げるための方法

自動車整備士の年収はいくら?

自動車整備士の平均月収と平均年収

厚生労働省の令和4年賃金構造基本統計調査によると、企業規模にもよりますが、自動車整備士の平均月収は27~29万円ほど、賞与含む年収で約398~462万円となっています。

上記の金額は、残業手当などを含めない金額です。残業手当などを含めると、平均月収は31~35万円、平均年収は427~527万円です。

 

民間企業に勤める人の平均年収は、国税庁の調べによると458万円ですので、おおむね平均的な収入であると言えるでしょう。

 

年齢別の平均年収は?

前世代の平均年収がわかっても、自分の年齢層だとどのくらいが平均なのか気になるのではないでしょうか?従業員数100人以上の企業を例に、自動車整備士の年齢別の平均年収をご紹介します。

 

20~24歳 302万円
25~29歳 371万円
30~34歳 428万円
35~39歳 458万円
40~44歳 495万円
45~49歳 496万円
50~54歳 515万円
55~59歳 481万円
60~64歳 352万円
65~69歳 260万円

 

上記には残業代を含みませんので、残業の多い企業であればもっと上の年収を得ることも可能でしょう。また、これよりもっと規模の大きな企業だと年収はより多く、規模の小さな企業だと少なくなります。

 

自動車整備士の給料は?安いって本当?数字を交えて解説!

 

自動車整備士の年収をアップさせる方法

今の職場で年収を上げる

今の職場にいるまま年収を上げたいなら、管理職への昇格を狙うか、資格手当のつく資格を取得するといいでしょう。

 

管理職に就きたい場合、整備に関する技術やスキルだけでなく、マネージメント力や責任感などが要求されます。普段の仕事に加え、後輩の育成にも力を入れていきましょう。また、上司との面談などのときに将来管理職に就きたい旨をアピールしておくと、ポストが空いた際に上司から推薦してもらえる可能性があります。

 

資格を取るなら、事前に何の資格でいくら手当が出るか、資格取得補助などはあるかを調べておきましょう。特に、自動車検査員などの職場に必須の資格を取得すれば、収入が上がるうえ企業から今後も重宝される人材となれるでしょう。

 

転職して年収アップできる?

将来的な昇給が見込めない場合や手当が少ないなどの場合は、転職を視野に入れてもいいかもしれません。給与水準が高い職場や評価制度がしっかりとしている職場に転職すれば、年収が上がる可能性があります。

 

自動車整備士業界で給与水準が高いのは、ディーラーの整備士です。残業が多い傾向にあるというデメリットもありますが、日本自動車整備振興会連合会の調査によると、ディーラー以外の整備工場に比べてディーラーの整備士の平均年収は80万円近く高くなっています。

 

今伸びている業界とは?

今、伸びているのはレンタカー、カーシェア業界です。都心では日常的に自動車に乗る必要がなく、レンタカーやカーシェアリングが人気です。それに伴って、自動車整備士の求人も多く出ています。経験者、有資格者の方が採用されやすいので、転職におすすめの業界です。

 

転職でどのくらい年収が上がる可能性があるのか、どのような業界が向いているかが知りたい人は、転職エージェントに登録してみるのも一つの手です。転職エージェントは求人の提案に加え、履歴書や面接の対策も行ってくれます。ほとんどは無料で利用できますので、上手に利用していきましょう。

 

自動車整備士で年収1000万円を目指そう!整備士で稼ぐ方法!

 

最後に

以上、自動車整備士の年収についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士として働くなら?ディーラー?民間整備工場?も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士の平均年齢とは

整備士の平均年齢はどのくらい?

 

全国には33万人弱の自動車整備士が存在していると言われています。整備工場は全国に約9万軒ありますので、平均すると1つの工場に3~4人の整備士がいるということになります。

 

そんな中で、整備士の平均的な年齢はどれぐらいなのでしょうか。平均的な年齢はどのような場所で働いているかによっても変わってきます。例えば、整備士全体の平均年齢は令和4年時点で46.7歳ですが、民間整備工場などで働く自動車整備士の平均年齢は51.2歳、対してディーラーで働く自動車整備士の平均年齢は36.8歳となっています。

 

ディーラーの平均年齢はなぜ低い?

上述の通り、ディーラーと民間整備工場の平均年齢は14.4歳もの差があります。どうしてこのような差が生まれるのでしょうか?

 

ディーラーで自動車整備士として働くまでの道は様々ありますが、多くはメーカーが設立している整備士養成学校を卒業し、2級整備士資格を取得してそのまま系列のディーラーに就職します。そのため、ディーラーに勤める自動車整備士の平均年齢は、民間整備工場と比べてぐっと低くなると言うわけです。

 

しかし、ディーラーの平均年齢もまた、民間整備工場と同じように平均年齢は上昇傾向にあります。このままでは、自動車整備士業界全体が高齢化による人手不足によって機能しなくなる可能性があります。どの職種でも高齢化は深刻な問題となっていますが、やはり整備士の業界でも高齢化は根深い問題となっているのです。

 

肉体労働の側面が強い整備士業界では、加齢に伴ってできる作業が減ってしまうこともあり、若年の整備士人口を増やすとともに、高齢化が進んでも働くことのできる職場環境を作ることが求められています。

 

自動車整備士の待遇は改善中!

体力に応じた整備工場を選ぶ

 

前の章でもお伝えした通り、高齢化が進み、整備士は不足し続けています。そこで、整備士の確保のために待遇の改善に取り組む企業は、近年増加傾向にあります。

 

最もわかりやすく改善しているのは平均年収で、2017年度は387万円だった平均年収が、2022年度には404万円まで増加しているんです。ディーラーに限るともっと上昇の幅が大きく、2017年度に456万円だった金額が5年間で480万円まで増えています。

 

ワークライフバランスを重視する企業では、休日の日数を増やしたり、1日当たりの労働時間が適正になるように仕事を受ける件数を調整したりしている企業もあるようです。また、技術の進歩によって作業の省力化ができる設備や工具などが増えたため、積極的に導入している企業もあります。

現在は体力仕事と言われがちな整備業ですが、今後はもっと省力化が進み、体力に自信のない方や高齢の方でも問題なく業務がこなせるようになる時がくるかもしれませんね。

 

最後に

以上、自動車整備士の平均年齢についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士になるための勉強方法とは?独学の方法を解説!も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士は結婚出来ない?整備士の出会い事情も解説!

自動車整備士は出会いが少ない?結婚できない?

 

自動車整備士の仕事に憧れている人は、異性との出会いが少ないという話を聞いたこともあるのではないでしょうか。通常、企業に勤めていると社内に多くの女性や男性がいて、社内結婚という話も良く聞きます。

 

しかし、自動車整備士の場合は、女性整備士の割合が非常に少なく、結婚が難しいと感じる男性も少なくありません。大きなディーラーなどでは事務や受付をしている女性がいますが、小さな工場などだと職場自体に女性が少ない・いないケースも多いです。

 

結婚相手と出会うチャンスが少ないと感じている独身の自動車整備士も少なくはないでしょう。しかし、実際には自動車整備士でも結婚している人はたくさんいます。それでは、結婚している自動車整備士はどこで結婚相手と出会ったのでしょうか?

 

整備士の出会いの場は?

自動車整備士が結婚相手と出会うきっかけとしてよくあるのは、お客様が自動車整備士に好意を持つことです。しっかりと仕事をこなし、真面目に対応できる自動車整備士は好感が持てます。

大切な車の相談や修理のアドバイスをした結果、その人柄に好感を持ち、友達になったり、結婚相手になったりする可能性があるでしょう。

 

自動車整備士と結婚しても大丈夫?

 

この記事を読んでいる人の中には、結婚が心配な自動車整備士の人以外にも、自動車整備士と結婚したい人や、自動車整備士との結婚を考えている人もいると思います。自動車整備士と結婚しても大丈夫かと聞かれれば、答えはもちろんイエスですが、頭の片隅においてほしいポイントが二つあります。

 

まず一つ目に、ディーラーやカーショップで働く自動車整備士は多くが土日休みではないという点です。二つ目は、給与が高い職場で働く自動車整備士は、労働時間が長い傾向にあるという点です。

 

この二点を気にする人は、自動車整備士との結婚は避けた方がいいでしょう。ただし、安定した職業で転職先も容易に見つかるので、安定志向の方にはぴったりかもしれません。また、平均給与も年々上昇しているのでその点でも期待できますね。

 

自動車整備士になると得られるメリット

 

整備士は人から好感を持たれる仕事!

 

日常的に車を利用している人や、車が好きな人からは車に詳しく、修理ができ、車の運転が上手いのは好感を持ってもらいやすいでしょう。そのため、自動車整備士は好感度の高い職業と言えます。

 

世の中には一般企業に就職している人が多いですが、すべての人が好きな仕事に打ち込めているというわけではありません。自動車整備士に憧れている人や、車が好きで自動車整備士になった人は、好きな仕事に打ち込んでいる姿に好意を持ち、働く姿にたくましさを感じるでしょう。また、収入についても比較的安定している仕事だと言えますので、安心感もあります。

 

令和4年度の自動車分解整備業実態調査では、自動車整備士の年収は404万円でした。平均年収は毎年数万円ずつ上昇しており、20代前半などの若手も多く活躍しています。また、経験やスキルが収入に反映されやすい職業ですので、将来性も期待できます。

 

安定した結婚生活を望む相手からも好感を持ってもらいやすいはずです。
自動車整備士は異性との出会いが少ないことは事実ですが、女性からも男性からも人気がない仕事というわけではありません。

結婚できるかどうかの不安が原因で自動車整備士を目指せない人は、もう一度、検討してみてはいかがでしょうか。

 

自動車整備士の将来性は明るい?これからの整備士の役割について

 

最後に

以上、自動車整備士と結婚の関係についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士は残業時間が多いって本当?も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士に人気の転職先

整備士が転職を考えるとき

 

自動車整備士の方が転職を考えるのはどういうときでしょうか?賃金が低い、残業が多い、休日が少ないなど、悩みは様々ありますよね。

 

賃金についての悩みでよく聞くのは、今後昇給の見込みが少ないということです。評価制度が整備されていなかったり、上のポストが詰まっていたりして、なかなか思うように昇給が望めない場合もあるでしょう。自分より長く務めている先輩の年収を聞いてがっかり…というのも、よく聞く転職理由の一つです。

 

日本自動車整備振興会連合会の調査によると、令和4年度の整備士の平均年収は全体平均が約404万円、ディーラーの平均が約481万円、ディーラー以外の平均が約370万円です。

昨今の不景気にも関わらず、整備士の平均年収は年々伸びてきています。現在、2級整備士資格などを持ってしっかり働いているのに平均年収に大きく届かなかったり、今後届く見込みのない場合は転職を考えてみてもいいかもしれません。

 

他には、労働時間や休日についての悩みで転職する整備士も多いです。繁忙期だけでなく普段から残業が多かったり、休日が少なかったりでワークライフバランスが取れていないと、転職を考える人は多いでしょう。残念ながら、まだまだ整備士業界には、毎日へとへとになるまで働かなければならないような企業も多くあります。

しかし、整備士不足が叫ばれる近年、業界全体で環境を改善しようという流れができています。毎日の仕事量をセーブして残業を減らすようにしたり、年間休日数を増やしたりして、いい職場環境を作る努力をしている企業もどんどん増加中です。

 

現状に不満のある方は、一度他社の求人情報を見てみたり、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?もしかすると、今よりも条件のいい職場が見つかるかもしれません。

 

自動車整備士に向いている人とは?適正を知ろう!

 

自動車整備士に人気の転職先は?

 

自動車整備士の転職で一番多く、人気の転職先は同業他社です。

整備工場は全国に9万軒あり、企業の規模や取り扱う車種などによって仕事内容や条件は様々です。今の悩みを解決し、これまで培ってきた経験を最大限活かして、より良い条件の職場に転職することも不可能ではないでしょう。

 

例えば収入に不満がある場合は、ディーラーが狙い目でしょう。ディーラーは民間整備工場よりも平均年収が高い傾向にあり、評価制度のしっかりしている企業が多く、努力次第で昇給も望めますので、人気の転職先の一つです。ただし、お客様の都合に合わせて労働時間が長くなりやすいことも特徴です。

 

一般車両だけでなく、トラックや重機などの整備を取り扱う整備工場への転職をする人もいます。大型のものを整備することは体力的に大変ですが、その分高い給与が見込めますので転職先として人気があります。また、土日や日祝が休みの企業が多いのも特徴です。

ただし、このような整備工場に転職を希望するのであれば、一般的な車の整備技術に加えて溶接や油圧、塗装などの資格や高い技術を習得する必要性が高まります。自動車の整備技術を高め、プラスアルファの資格取得をすれば、色々な車両の整備ができるようになるので、より高い収入を得られます。

 

他には、リース会社やガソリンスタンド、タイヤの販売店、カー用品店も人気です。

ここでは、整備士としての仕事だけではなく接客の仕事も多く含まれてきます。整備士としての技術力に加え、接客スキルも磨けるため、スキルアップが見込めます。

 

若いうちは体力があって、悪環境であっても気力と体力で働いていくこともできますが、体力は年々低下していくでしょう。体力が低下しても自動車整備士として勤務していきたいのであれば、今の勤務先で今後も十分働いていくことができるのかどうかをきちんと見極める必要があります。

 

自動車整備士として働くなら?ディーラー?民間整備工場?

 

最後に

以上、自動車整備士に人気の転職先についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の資格を活かせる仕事ってなに?転職先について解説!についても一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。