アーカイブ

自動車整備士になるための給付金とは?資格取得に活用しよう!

整備士不足?給付金で資格を取ろう!

 

整備士が不足している、という問題を知っていますか?
現在、少子化や若者の車離れにより、自動車整備士が不足しています。若い整備士が増えていない状況で、引退などの理由から整備士の数が減り、平均年齢も上がってきています。

 

大手企業のディーラーでも人材確保に苦労しているのが現状です。普段、なんとなく整備に出している車も、国家資格を持った整備士が整備をしています。整備士がいなくなれば、自動車を仕事で使うことや、楽しくドライブすることもできなくなるでしょう。日本の社会全体が人手不足と言われていますが、自動車整備士も同様に人手不足に悩まされています。

 

整備士不足を補うため、整備士資格取得を国が支援してくれる制度があります。専門実践教育訓練給付金と言う、国から貰える手厚い給付金です。

支給対象者は、支給要件を満たした上で厚生労働省指定の専門実践教育訓練講座に認定された学校に通うと、かかった教育訓練費用の最大70%(上限168万円)を受給することができます。金銭面から整備士を諦めた方も、この制度で整備士を目指すチャンスです。

 

自動車整備士に向いている人とは?適正を知ろう!

 

給付金以外にも貰えるお金がある?

 

国の給付金のほかに、企業や学校による整備士資格取得に向けた支援もあります。

一部の企業では、無資格者を雇って整備士の国家資格取得までバックアップしてくれるところもあります。資格に合格した場合にかかった試験受験料を負担してくれたり、技術教習の費用の一部を会社で負担してくれたりと、支援の内容は様々です。これから整備士資格の取得を目指している方は、資格取得支援制度のある企業に就職するのもよいでしょう。

 

また、専門学校によっては奨学金や特待生制度などが用意されている場合があります。
受けられる支援を上手に活用し、整備士資格を取得しましょう。

 

無料で通える訓練学校

資格取得までの費用や時間が原因で整備士を諦めてしまった方には、弊社ダイバージェンスの運営するメカニカレという無料で整備の技術を学べる学校をおすすめします。人材不足である自動車業界と、未経験でも整備士になりたい若者たちを結びつけることを目的に設立した訓練学校です。

 

整備士が減り続けているという現状ですが、自動車の保有台数は緩やかに増加傾向にあり、整備するクルマは増えていく一方で、人手が足りなくなっています。逆に言えば、整備士業界は売り手市場となっており、以前に比べて転職しやすくなっています。自動車整備士という仕事が気になっている方は、国や民間の支援制度を利用して整備士を目指してみてはいかがでしょうか?

自動車整備士の資格取得に実務経験は必要?3級・2級について解説!

 

最後に

以上、整備士の資格取得のための給付金についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士になるための費用ってどれくらい?についても一読することをおすすめします。
最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。
自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士の定年とは?

自動車整備士の定年について


自動車整備士には、定年があるのでしょうか。大手企業の自動車整備工場やディーラーに勤めている場合には、定年が決められています。他業種の多くの企業と同じように、自動車整備士も多くが60歳で定年となります。

 

しかし、60歳での定年が決まっているからといって、定年時までずっと自動車整備士として勤務できるとは限りません。大企業の整備工場や、ディーラーであれば、人事異動は必ずあるため、整備士とは別の道に進んだり、出世していく人もいるでしょう。

 

人事異動があれば、自動車整備士だった人がサービスフロントに行く場合や、営業に行く場合もあるのです。また、整備士から工場長へとキャリアアップをする人事異動もあります。突然辞令が出て、整備士として働いてきたのにいきなり営業やフロントといわれてもできないと言うのであれば、その会社を辞めるしかないでしょう。今後想定されるキャリアプランについて気になるのであれば、入社前に確認しするか、入社後に先輩方に聞いてみるといいでしょう。

 

しかし、これは大企業の場合を例にしたものです。小さな整備工場であれば、人事異動も60歳での定年などもなく、熟練の整備士として腕を振るっていけるところもあります。また、自動車整備士として自分で独立をした場合は、定年とは無縁になるでしょう。

自動車整備士って退職金はもらえるの?

 

整備士としてキャリアアップするには

整備士としてキャリアアップするには

 

整備士としてずっと働きたい、キャリアアップもしていきたい、人事異動で整備士以外の部署に行くことを防ぎたいと考えるのであれば、資格を取得していきましょう。

 

通常、専門学校などで取得できる資格は「2級ガソリン整備資格」と「2級ジーゼル整備資格」です。就職する際に必要な資格は、2級で問題はありませんが、キャリアアップを目指すのであれば「検査員」の資格が有利だと考えられます。

 

資格を取得していくためには、ある程度の実務経験が必要になります。実務経験を積み重ね、資格を取得してキャリアアップをしていくことで、より自動車整備士として重宝されることになるでしょう。結果を残し、信頼を得ることにより、整備士として長く活躍していくことができます。

自動車整備士に求められるキャリアパス

最後に

以上、自動車整備士の定年についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の平均年齢は?も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。