アーカイブ

自動車整備士が転職を考える理由

辞める理由をはっきりさせよう

 

自動車整備士の方で、今の職場を辞めて転職をお考えの方は、どうして辞めるのかということをはっきりさせておきましょう。辞める理由を自分の中であいまいにして、解決したい悩みがわからないままに転職をしてしまうと、転職後も全く同じ不満を抱えてしまうかもしれないからです。

 

辞める理由を明確にし、どういったところを改善するために転職をするのかを自覚した上で、その希望を満たすことができる転職先を探すようにしましょう。できるだけ叶えたい希望を具体的にしておくことも重要です。

 

優先順位をつけよう

例えば、給料が少ないというのは転職の動機としてよくある理由ですが、具体的にどの程度貰えれば満足なのか、生活のために最低限必要な金額はいくらなのかまで明確にしておくべきです。

叶えたい希望が複数ある場合は、優先順位をつけ、何がどこまで妥協できるかをはっきりさせておきましょう。希望が多ければ多いほど、すべてを叶えるのは難しくなります。

 

譲れない条件が叶わない場合は、転職を保留することも考えたほうがいいかもしれません。今はめぼしい求人がなかったとしても、少し待てば条件に合う求人が新たに増える可能性もあります。

 

自動車整備士の転職では職務経歴書でアピールしよう!

 

自動車整備士が転職を考える理由

自動車整備士が転職を考える理由

 

自動車整備士で実際に転職をした人は、どのような理由で元の職場を辞めたのでしょうか。自分に当てはまるかどうかを比べてみて、新しい職場探しの参考にしましょう。

 

整備士の退職理由として多いのは、収入の不満です。自動車整備士の給与は平均よりもやや低く、職場によっては給料に不満を持つ人も多いでしょう。結婚などの人生のイベントを境に、今の給与に不満を抱いて転職を考える人が多いようです。また、先輩の収入を聞いて将来性がないと感じ、一時的に収入を下げてでも評価制度や昇給のしっかりとした企業に転職する人もいます。

 

人間関係に不満があったというのも多い理由です。もちろんこれは自動車整備士に限らず多いトラブルだとは思いますが、給与面などに不満があるうえ人間関係まで悪くなると転職に踏み出す人が多いようです。

逆に、人間関係以外に多少不満があっても、人間関係が良好であれば転職まで踏み切れないという人も多いため、働く上で非常に重要なポイントと言えるでしょう。

 

このように、自分はなぜ辞めたいのかをはっきりとさせた上で転職を行なうことが、転職を成功させる鍵になります。同じ轍を踏まないよう、目標を明確化して転職活動に取り組みましょう。

 

自動車整備士の資格を活かせる仕事ってなに?転職先について解説!

 

最後に

以上、自動車整備士が転職を考える理由についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士が転職する際の退職理由と書き方も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

自動車整備士に人気の転職先

整備士が転職を考えるとき

 

自動車整備士の方が転職を考えるのはどういうときでしょうか?賃金が低い、残業が多い、休日が少ないなど、悩みは様々ありますよね。

 

賃金についての悩みでよく聞くのは、今後昇給の見込みが少ないということです。評価制度が整備されていなかったり、上のポストが詰まっていたりして、なかなか思うように昇給が望めない場合もあるでしょう。自分より長く務めている先輩の年収を聞いてがっかり…というのも、よく聞く転職理由の一つです。

 

日本自動車整備振興会連合会の調査によると、令和4年度の整備士の平均年収は全体平均が約404万円、ディーラーの平均が約481万円、ディーラー以外の平均が約370万円です。

昨今の不景気にも関わらず、整備士の平均年収は年々伸びてきています。現在、2級整備士資格などを持ってしっかり働いているのに平均年収に大きく届かなかったり、今後届く見込みのない場合は転職を考えてみてもいいかもしれません。

 

他には、労働時間や休日についての悩みで転職する整備士も多いです。繁忙期だけでなく普段から残業が多かったり、休日が少なかったりでワークライフバランスが取れていないと、転職を考える人は多いでしょう。残念ながら、まだまだ整備士業界には、毎日へとへとになるまで働かなければならないような企業も多くあります。

しかし、整備士不足が叫ばれる近年、業界全体で環境を改善しようという流れができています。毎日の仕事量をセーブして残業を減らすようにしたり、年間休日数を増やしたりして、いい職場環境を作る努力をしている企業もどんどん増加中です。

 

現状に不満のある方は、一度他社の求人情報を見てみたり、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?もしかすると、今よりも条件のいい職場が見つかるかもしれません。

 

自動車整備士に向いている人とは?適正を知ろう!

 

自動車整備士に人気の転職先は?

 

自動車整備士の転職で一番多く、人気の転職先は同業他社です。

整備工場は全国に9万軒あり、企業の規模や取り扱う車種などによって仕事内容や条件は様々です。今の悩みを解決し、これまで培ってきた経験を最大限活かして、より良い条件の職場に転職することも不可能ではないでしょう。

 

例えば収入に不満がある場合は、ディーラーが狙い目でしょう。ディーラーは民間整備工場よりも平均年収が高い傾向にあり、評価制度のしっかりしている企業が多く、努力次第で昇給も望めますので、人気の転職先の一つです。ただし、お客様の都合に合わせて労働時間が長くなりやすいことも特徴です。

 

一般車両だけでなく、トラックや重機などの整備を取り扱う整備工場への転職をする人もいます。大型のものを整備することは体力的に大変ですが、その分高い給与が見込めますので転職先として人気があります。また、土日や日祝が休みの企業が多いのも特徴です。

ただし、このような整備工場に転職を希望するのであれば、一般的な車の整備技術に加えて溶接や油圧、塗装などの資格や高い技術を習得する必要性が高まります。自動車の整備技術を高め、プラスアルファの資格取得をすれば、色々な車両の整備ができるようになるので、より高い収入を得られます。

 

他には、リース会社やガソリンスタンド、タイヤの販売店、カー用品店も人気です。

ここでは、整備士としての仕事だけではなく接客の仕事も多く含まれてきます。整備士としての技術力に加え、接客スキルも磨けるため、スキルアップが見込めます。

 

若いうちは体力があって、悪環境であっても気力と体力で働いていくこともできますが、体力は年々低下していくでしょう。体力が低下しても自動車整備士として勤務していきたいのであれば、今の勤務先で今後も十分働いていくことができるのかどうかをきちんと見極める必要があります。

 

自動車整備士として働くなら?ディーラー?民間整備工場?

 

最後に

以上、自動車整備士に人気の転職先についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の資格を活かせる仕事ってなに?転職先について解説!についても一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。