アーカイブ

自動車整備士の勤務時間は?残業は多い?

自動車整備士の勤務時間は?

会社によって勤務時間が異なる

 

自動車整備士の勤務時間は企業によって異なりますが、9時もしくは10時始業の実働8時間であることが多いです。民間整備工場は9時~17時、ディーラーは10時~18時が定時となる企業が多い傾向にあります。

 

近年は、お昼休憩の1時間以外で作業中に10~15分ほどの休憩時間を定めている企業もあり、その場合は実働時間が8時間以下になることもあるでしょう。まれにですが、店舗の営業時間とは別で自動車整備士の業務時間を管理する企業もあります。求人票を見る際には、勤務時間をしっかりと確認しておきましょう。

 

残業時間はどのくらい?

厚生労働省の調査によると、自動車整備士の平均労働時間は、月あたり約180時間となっています。超過労働時間、つまり残業時間は180時間のうち20時間程度とされており、勤務日が1ヶ月あたり20日とすると1日1時間ほどです。

 

これは統計上の結果であるため、会社によって労働時間は異なります。当然、平均より労働時間が長い企業も短い企業もありますが、残念ながら整備士業界の中では、残業が全くない企業は少ないと思ったほうがいいでしょう。

しかし、昨今は整備士不足により人材の確保が難しくなったことから、残業を減らすために車の受け入れをセーブして期日に余裕を持たせる会社なども増えてきています。

 

自動車整備士はどんな一日を過ごすの?

 

繁忙期は残業が増える

 

自動車整備士の平均残業時間は、前述の通り1ヶ月20時間ほどとされていますが、特に繁忙期には残業が増える傾向にあります。繁忙期は車検が多い3月や4月である企業が多いです。

 

普段残業が少ない企業だったとしても、繁忙期には残業が発生してしまうこともあるでしょう。特に車検は受けなければならない期限が決まっているため、同時期に予約が殺到すると定時内に仕事を捌ききれなくなります。

また、整備士はお客様主体の仕事でもありますので、急ぎの要望があれば残業をせざるを得ない場面もあります。入社してからギャップを感じないためにも、普段や繁忙期の残業時間がどのくらいかは入社前にリサーチしておきましょう。

 

自動車整備士のワークライフバランスの話

 

最後に

以上、自動車整備士の勤務時間と残業についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の休日は?土日休みは取れる?も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

車検の繁忙期はいつ?自動車整備士の忙しい時期とは?

整備士の繁忙期は12月と3月!

 

基本的に、自動車整備士の繁忙期は働く場所によって異なります。しかし、多くの自動車整備工場が共通して忙しい時期があります。

それが12月と3月です。そのふた月についてはどこで働いていても残業を覚悟した方がいいでしょう。

 

ほかの月の忙しさは働く場所に準拠し、ディーラーで働く自動車整備士の繁忙期は車がよく売れる時期、民間の整備工場で働く自動車整備士の繁忙期は車をよく使う時期と覚えておくとわかりやすいです。

職場ごとの繁忙期の詳細については次の章以降、順番に解説していきます。

 

ディーラーで働く自動車整備士の繁忙期

 

自動車整備士の繁忙期というのは、自動車整備士としてどこで働いているかによって少し変わってきます。

自動車整備士の勤務先として多いのは、ディーラーと民間整備工場の二つです。基本的に自動車整備士は一年を通して忙しい職業ですが、例えば、ディーラーの場合は自動車がよく売れる時期が繁忙期になります。

 

自動車ディーラーで自動車が最もよく売れる時期と言えば、3月です。3月に自動車がよく売れる理由としては、多くの自動車ディーラーが3月に年度末決算を迎えることが多く、業績を上げるために積極的に販売を行っているからです。

 

また、3月はただでさえ新生活のために自動車を購入する人が増えるシーズンでもあります。車が売れることでオプションの取り付けや納車前の点検などが発生するので、たくさん売れるほど自動車整備士の仕事も忙しくなるでしょう。

重ねて、車検の有効期限は車を購入した日によって決まりますので、車が売れる時期は必然的に車検の件数も増加します。

 

3月の他には、自動車ディーラーが中間決算を迎えることが多い9月も販売台数が増えるため、忙しいシーズンになることが多いです。

 

ディーラーで働く整備士の話!仕事内容についても解説

 

民間整備工場で働く自動車整備士の繁忙期

 

民間整備工場に勤めている自動車整備士の忙しいシーズンは、車が売れる時期よりも車の故障が起こりやすいシーズン、車検時期になる車が増えるシーズンに左右されることが多いです。

 

自動車の故障や事故などが起こりやすい季節として挙げられるのが、夏と冬です。急激な気温の変化によってエンジンやバッテリーなどの部品に負荷がかかるため、故障を起こしやすくなります。

また、夏は夏季休暇などで慣れない運転をする人が増えたり、冬は凍結した路面でスリップしてしまうなどのトラブルも多くなります。加えて、路面凍結の時期はスタッドレスタイヤへの交換の需要も増えます。

 

車検のシーズンは自動車ディーラーの車が売れる時期と近いことも多いのですが、基本的には3月、4月、9月が忙しい時期となることが多いです。

 

多くの整備工場で共通する繁忙期について解説しましたが、その整備工場がどのような仕事をメインにしているかなどによっても、繁忙期やその忙しさの程度は変わります。気になる場合は、面接の際などに繁忙期はいつか、繁忙期に何時間の残業があるかなど聞いてみてもいいかもしれません。

 

自動車整備士の勤務時間は?残業は多い?

最後に

以上、自動車整備士の繁忙期についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の休日は?土日休みは取れる?も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。