アーカイブ

自動車整備士として働くなら?ディーラー?民間整備工場?

自動車整備士は働き方を選べる?

 

自動車整備士と一口に言っても、その仕事内容や働き方はどんな職場を選ぶかによって大きく変わります。一般的にはディーラーか、街の整備工場や中古車販売店などの民間整備工場で勤務することが多いです。

 

そのほかには、ガソリンスタンドやカー用品店などで働く場合もあり、多種多様な働き方が選べます。整備だけを黙々と行う職場もあれば、整備に加えて接客や自動車保険の営業なども行う職場もあります。働き方の選択肢が多い分、自分に合った働き方の企業を自分の力で見つける必要があるでしょう。

 

収入や休日の条件などは、もちろん企業によって異なります。その中から自分の条件に合う職場を探すのは難しいかもしれません。

それぞれ条件が違う中でも、ディーラーは収入が高い代わりに残業が多くシフト休、民間整備工場は土日や日祝が休みのことが多い代わりに収入が低めなどの傾向はあります。求人が絞り切れない場合は、まず働く場所をどこにするか決めてから探してもいいでしょう。

 

自動車整備士の資格を活かせる仕事ってなに?転職先について解説!

 

整備士として働くならディーラーと民間整備工場どちらがベスト?

 

自動車整備士としてディーラーで働くのも、民間整備工場で働くのも、双方異なる特徴があります。最も大きな違いは、取り扱う車のメーカーが限られているか、さまざまなメーカーの車を扱うかでしょう。

 

ディーラーであれば、取引のあるメーカーの車しか扱わないため、好きなメーカーがあってその車だけ整備したいという方にはうってつけでしょう。ディーラーは研修制度の整っているところが多く、一つのメーカー車の整備を極め、プロフェッショナルとなりたい場合は非常におすすめです。

 

民間整備工場は、車種やメーカー問わずさまざまな車を取り扱います。車全般が好きで、いろいろな車を扱いたいという方に向いているでしょう。工場の規模にもよりますが、従業員が少ない工場であれば、整備だけでなく受付や納車などの業務も担当でき、お客様とより近い距離で働くこともできます。

 

また、民間整備工場は数が多いため、ディーラーに比べて求人の幅が広いというメリットがあります。求人の幅が広いということは、つまり自分の希望する職場環境を見つけやすいということです。

ただし収入面では、一般的に大手メーカーのディーラーで働く方が、民間整備工場勤務よりも年収が高くなる傾向にあります。

 

収入や働き方など、どのような職場がいいと感じるかは人により違います。働く上でどのような点を重視するかを明確にして職場を選んでいけば、あなたに合った職場を見つけることができるでしょう。

 

自動車整備士の現状とは?転職はしやすい?

 

最後に

以上、自動車整備士が働くなら、ディーラー?それとも民間自動車整備工場?についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、ガソリンスタンドで働く自動車整備士の仕事は?認証工場と指定工場って?も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。

車検の繁忙期はいつ?自動車整備士の忙しい時期とは?

整備士の繁忙期は12月と3月!

 

基本的に、自動車整備士の繁忙期は働く場所によって異なります。しかし、多くの自動車整備工場が共通して忙しい時期があります。

それが12月と3月です。そのふた月についてはどこで働いていても残業を覚悟した方がいいでしょう。

 

ほかの月の忙しさは働く場所に準拠し、ディーラーで働く自動車整備士の繁忙期は車がよく売れる時期、民間の整備工場で働く自動車整備士の繁忙期は車をよく使う時期と覚えておくとわかりやすいです。

職場ごとの繁忙期の詳細については次の章以降、順番に解説していきます。

 

ディーラーで働く自動車整備士の繁忙期

 

自動車整備士の繁忙期というのは、自動車整備士としてどこで働いているかによって少し変わってきます。

自動車整備士の勤務先として多いのは、ディーラーと民間整備工場の二つです。基本的に自動車整備士は一年を通して忙しい職業ですが、例えば、ディーラーの場合は自動車がよく売れる時期が繁忙期になります。

 

自動車ディーラーで自動車が最もよく売れる時期と言えば、3月です。3月に自動車がよく売れる理由としては、多くの自動車ディーラーが3月に年度末決算を迎えることが多く、業績を上げるために積極的に販売を行っているからです。

 

また、3月はただでさえ新生活のために自動車を購入する人が増えるシーズンでもあります。車が売れることでオプションの取り付けや納車前の点検などが発生するので、たくさん売れるほど自動車整備士の仕事も忙しくなるでしょう。

重ねて、車検の有効期限は車を購入した日によって決まりますので、車が売れる時期は必然的に車検の件数も増加します。

 

3月の他には、自動車ディーラーが中間決算を迎えることが多い9月も販売台数が増えるため、忙しいシーズンになることが多いです。

 

ディーラーで働く整備士の話!仕事内容についても解説

 

民間整備工場で働く自動車整備士の繁忙期

 

民間整備工場に勤めている自動車整備士の忙しいシーズンは、車が売れる時期よりも車の故障が起こりやすいシーズン、車検時期になる車が増えるシーズンに左右されることが多いです。

 

自動車の故障や事故などが起こりやすい季節として挙げられるのが、夏と冬です。急激な気温の変化によってエンジンやバッテリーなどの部品に負荷がかかるため、故障を起こしやすくなります。

また、夏は夏季休暇などで慣れない運転をする人が増えたり、冬は凍結した路面でスリップしてしまうなどのトラブルも多くなります。加えて、路面凍結の時期はスタッドレスタイヤへの交換の需要も増えます。

 

車検のシーズンは自動車ディーラーの車が売れる時期と近いことも多いのですが、基本的には3月、4月、9月が忙しい時期となることが多いです。

 

多くの整備工場で共通する繁忙期について解説しましたが、その整備工場がどのような仕事をメインにしているかなどによっても、繁忙期やその忙しさの程度は変わります。気になる場合は、面接の際などに繁忙期はいつか、繁忙期に何時間の残業があるかなど聞いてみてもいいかもしれません。

 

自動車整備士の勤務時間は?残業は多い?

最後に

以上、自動車整備士の繁忙期についてご紹介しました。この記事を読まれた方は、自動車整備士の休日は?土日休みは取れる?も一読することをおすすめします。

 

最後になりましたが、弊社ダイバージェンスでは自動車業界で働きたい「自動車整備士」「自動車検査員」向けの求人情報を多数扱っております。

 

自動車業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募書類の書き方や面接の心構えなど様々な面でのサポートをいたします。未経験可の求人も多数ありますので、他業種からの転職になる方もぜひお気軽にご相談ください。